クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
クリーニング屋さんのためのこだわり劇場

 HOMEウエットクリーニング > フィックスⅡ > 使用方法 サイトマップ

こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門
■ 浴衣の洗い方・基本洗浄(フィックスⅡの使用方法)


ぬるま湯(25~30℃)にMC-フィックスⅡを0.2%投入し、よく混ぜます。

【例】 ぬるま湯40ℓに、フィックスⅡ80cc入れます。
*洗濯機の一例

衣類を数分~洗浄します。

注:衣類にフィックスⅡを直接かけないで下さい。
  必ず、フィックスⅡを入れよく撹乱し、衣類を入れてください。
  長時間の洗浄や水温が高いと移染しやすくなります
  

洗浄後、軽くすすぎ、のり付けを行い脱水し、自然乾燥します。

←このページの上へ



■ 浴衣の洗い方・洗浄力を上げるには・・・


汚れ部分に前処理(前シミ抜き)を行う

浴衣のエリ部分などの汚れには、前処理を行うと効果的です。

前処理には、スポットQ(カチオン)又はアロマスポットⅡ(ノニオン)の使用がおすすめです。

前処理剤

前処理剤使用時には、必ず色落ちテストを行ってから使用してください。
前処理剤で色が流れる場合はあります



MC-フィックスⅡの水溶液に過酸化水素(35%)を入れます。

衣類の汚れ具合に合わせて、過酸化水素の量により漂白力を調整して下さい

【例】 ぬるま湯40ℓに、過水100~300cc添加
*洗濯機の一例

過水でパワーアップ

移染は、温度が高いほど、アルカリが高いほど発生しやすくなります。

洗浄液をアルカリにすると洗浄力は上がりますが、色も流れやすくなります。
また、温度が高ければ高いほど、色も流れやすくなります。



■ フィックスⅡについて


フィックスⅡの使用方法
フィックスⅡの注意点
その他のフィックスⅡを使用した応用テクニック


浴中処理ならDCCへ

ご注文、お問い合わせは、TEL/FAXまたは、メールにて受付しております


TEL 06(6438)7305/FAX 06(6438)4795
松井化学までご連絡ください



サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ 浴衣の洗い方トップへ
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]
Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved