クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ
ウェットクリーニングこだわり劇場

 HOME > ウェットクリーニング > スプレー漂白の注意点 サイトマップ

こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門
 スプレー漂白の注意点


スプレー漂白は、かなり強力な方法です

スプレー漂白は、簡単に非常にシツコイ黄変を除去できますが、地色の状況を見極めないと、脱色などの事故につながります!
染色堅牢度の極めて弱い衣類などは必ずテストしてから使用して下さい。



過水をスプレーすると、手がヒリヒリするので、手袋を着用して作業をおこなって下さい。

スプレー漂白は、過水を使用しますの手に付くと、ヒリヒリと多少傷みがあります。スプレーする場合や、スプレー漂白剤を作る場合には、必ず手袋を着用して下さい。



変色がすすみ、地色が完全に抜けている(破壊されている)場合は、要注意!

基本的にこの場合は、スプレー漂白はできません。
スプレー漂白をして、黄変を除去すると、すでに地色が
破壊されているから、はげて見えます。

また、そこまで地色が抜けている(破壊されている)場合は、染料が非常に弱く変化しやすい染料を使用しているので、まれに過水のスプレーをすると、黄色ぽくなったりするなど、色の変化を起こしますので、色修正ができない場合はスプレー漂白は行わないで下さい。



【見分け方の一例】


変色が完全に変化しきって地色が残っていない。

黄変部分が地色より明るくなっている。

スプレーをして、シミが逆に濃くなったように見える場合は、染料が変化しているので、この場合は、続けてスプレーをしない。

スプレーして良くならない時は、中止する。(続けてすると完全におかしくなる)


←このページの上へ

茶褐色(こげ茶)の黄変も要注意!

この色の黄変は、金属分を含んだものが酸化して黄変となったと思われます。特徴は、色とやや固くなっていること。
アンモニアと過水のスプレーに限らず、酸素系の漂白剤を使うと金属部分が過剰反応して、すぐに穴が開きます。

過水で赤っぽくなる衣類

極マレに過水で赤っぽく変化する衣類があります。
この場合は、フッ化水素又はハイドロ処理で修復可能です。



過水で黄色くなる衣類

こちらも極少数ですが、過水と製造時に付着している加工剤などと反応して黄色くなるモノがあります。真っ白の綿素材に多く発生します



過水で脱色する衣類

染色が極めて弱い衣類は、脱色を起こします。

写真は、染料の青部分が破壊され、赤っぽくなっています。
この場合は、色修正で修正します



ファスナーなど金属部分の溶解

この場合は、スプレー漂白の金属部分がアンモニア水により溶け出したのが原因です。

この場合は、フッ化水素又はアンモニア水で除去できます



ボタンや付属品の溶解

過水でボタンのメッキ塗装が溶解するモノがあります。

ボタンや付属品にスプレーしないように噴霧して下さい



ラメ糸の使用している衣類に注意!

ラメ糸を使用している衣類にはテストしてから使用して下さい。

ラメ部分が消失する場合があります。



スプレー漂白は、かなり強力な方法です

スプレー漂白は、簡単に非常にシツコイ黄変を除去できますが、地色の状況を見極めないと、脱色などの事故につながります!
染色堅牢度の極めて弱い衣類などは必ずテストしてから使用して下さい。
スプレー漂白での過水の濃度が濃い方が漂白力は上がりますが脱色するリスクが高くなります。

過水を水で20倍希釈+アンモニア水5,6滴の濃度での処理で行って下さい。

←このページの上へ


 アクアQシステム 使用方法/使用薬剤

アクアQシステムで油性の汚れを除去したい場合は
専用前処理剤スポットQを使用します。
  ↓
アクア・MCを使用した基本洗浄方法
アクア・MC/ウエットクリーニングのの注意点
  ↓
アクア・MCを使用した簡単にできる全体漂白(復元加工)方法
アクアQシステム/全体漂白の注意点
      
それでも落ちない黄変のシミは、過水+アンモニアでのスプレー漂白を行います
スプレー漂白の注意点

基本的にアクアQシステムは洗ってすすぐだけですが、
衣類によりシャリ感が欲しい場合があります。
その場合は、上記の加工剤を使用してください
アクア−Qシステム使用薬剤一覧
アクア−Qシステムのよくある質問


浴中処理ならDCCへ

ご注文、お問い合わせは、TEL/FAXまたは、メールにて受付しております


TEL 06(6438)7305/FAX 06(6438)4795
松井化学までご連絡ください


サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ ウェットクリーニング
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]

Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved