クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ
ウェットクリーニングこだわり劇場

 HOME > ウェットクリーニング > アクアMCの注意点 サイトマップ

こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門
 アクアMCの注意点 


アクアMCを直接衣類にかけないで下さい

アクアMCが高濃度で衣類に付着すると、シリコン染みが発生します。
シリコン染みは、非常に取れにくいので、必ず洗浄液をよく撹乱してから衣類を入れてください。


使用する場合は、お湯にしてからアクアMCを入れて下さい

アミノシリコンは振動に弱く、蒸気を出す振動で、ダマが発生する場合があります。(特にステンレス層を使用する場合は注意)


同一浴中で他の洗剤とアクアMCを兼用しないで下さい

アクアMCは、カチオンなので、アニオン系の洗剤を使用できません。
ノニオン・カチオンはOK


特に縮みやすい(レーヨンなど)衣類は短時間洗浄(1分〜3分)して下さい

このような衣類は、洗浄時間が長いほど、縮みやすくなります。


染色の弱い衣類や起毛製品は、脱水時にスレなどが発生する場合があります。

このような衣類の脱水時間は、脱水機が高速回転に入ってから数秒程度(3秒〜5秒)で止めます。

この状態では、まだボトボトなので、脱水機の中の衣類の形を変えて、上記の作業を繰り返します。
これなら、脱水シワやスレなどが比較的少なく、ボトボトな状態にはなりません。


染色の弱い衣類や起毛製品は、脱水時にスレなどが発生する場合があります。

このような衣類の脱水時間は、脱水機が高速回転に入ってから数秒程度(3秒〜5秒)で止めます。

この状態では、まだボトボトなので、脱水機の中の衣類の形を変えて、上記の作業を繰り返します。
これなら、脱水シワやスレなどが比較的少なく、ボトボトな状態にはなりません。

チョークラインの発生 3〜5秒脱水して止める 形を変える

作業服などあまりにも汚れがヒドイ衣類をアクアMCで洗浄するとダマが発生する事があります。

このような衣類は、先にドライクリーニングで洗浄をするか、別にランドリー洗浄を行って下さい。

また、洗浄液があまりにも汚れるとダマが発生する場合があります。


作業終了時は、必ず浴槽の掃除をして下さい。

アクア・MCは、アミノシリコン樹脂が配合しているので、掃除を怠るとダマが衣類に付着します。

・軽量カップの清掃も忘れずに行って下さい
・ダマが付着した場合は、乾燥後ドライ洗浄で除去できます。
・どうしても取れない場合は、MC−カットで除去できます
(詳しくはお問い合わせ下さい)

←このページの上へ


 移染の問題


ウエットクリーニングで発生する事故は、移染事故が大多数です。

移染事故を防止するには、洗浄前の確認(色落ちテスト)が大切です
また、移染事故は、時間、水温、pH、すすぎ、脱水方法などにより異なります。

特別濃い色の衣類や水だけで色が出る衣類は、先にテストしてから洗浄して下さい

水だけで色が出る染色の悪い衣類は、基本的に洗浄できません。
そのような衣類は、必ずテストしてから洗浄します。

また、ボタンや付属品などの移染にも注意して下さい。

【テスト方法の一例】
白いタオル等に水をつけて
軽く絞ります
色が出そうな部分を軽く叩きます

あまりにも色がつく場合は
基本的に洗浄できません

より色の出るのを見分けるには、トリオを100倍に薄めたモノを上記の方法でテストをすると水よりも色が流れやすいので、より移染事故が起こりにくくなります。
洗浄テストの方法で色が出なくても、染色の種類や水温、時間、洗剤濃度、により色が出る場合があります。
トリオ



 どうしても洗えない衣類

基本的には、水で色がでなければウエット洗浄可能ですが、コストや仕上げの技量などで変わってきます。

仕上げなどの技量や時間、価格などのトータルで判断し、自社にあった基準で行って下さい。
【例】
@ 水で色がでる衣類(ボタンや付属品も含む)
A 修復・風合い変化が起こりやすい衣類
 
 *洗浄時間や仕上げなどの修復技量差で異なります
B ベルベットなどの衣類(脱水注意)
C 特殊加工の衣類(コーティング加工など)
D シワ加工やプリーツ加工の衣類(水で加工が取れる場合)

←このページの上へ


 アクアQシステム 使用方法/使用薬剤

アクアQシステムで油性の汚れを除去したい場合は
専用前処理剤スポットQを使用します。
  ↓
アクア・MCを使用した基本洗浄方法
アクア・MC/ウエットクリーニングのの注意点
  ↓
アクア・MCを使用した簡単にできる全体漂白(復元加工)方法
アクアQシステム/全体漂白の注意点
      
それでも落ちない黄変のシミは、過水+アンモニアでのスプレー漂白を行います
スプレー漂白の注意点

基本的にアクアQシステムは洗ってすすぐだけですが、
衣類によりシャリ感が欲しい場合があります。
その場合は、上記の加工剤を使用してください
アクア−Qシステム使用薬剤一覧
アクア−Qシステムのよくある質問


浴中処理ならDCCへ

ご注文、お問い合わせは、TEL/FAXまたは、メールにて受付しております


TEL 06(6438)7305/FAX 06(6438)4795
松井化学までご連絡ください

ご注文は松井化学さんから直接購入するとお徳です!

サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ ウェットクリーニング
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]

Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved