クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ


 HOMEシミ抜きこだわり劇場 > 色素のシミ抜き剤 ピンキーの移染処理方法 サイトマップ
こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門
 色素のシミ抜き剤 ピンキーの移染処理方法


①移染している部分にピンキーを塗り、数分~数十分放置します。


より、念入りにしようと思う場合は、シミ抜き台でピンキーを塗って蒸気で加熱し、前処理したものを入れて下さい。

蒸気をかけてすぐ取れるものは、浴中処理で簡単に取れますので、非常にシツコイシミの場合のみです。


②アクアMCの中にピンキーを少量入れます。

入れる量の目安は、水量の約0,04%程度水温は40℃~50℃。
  


③この中に、先ほどピンキーを塗った衣類を入れます。

温度は、高いほど効果がありますが、かなりよく色を動かすので、熱い風呂の温度から処理を行って下さい


④どうしても色素が取れない時は、色が早く離れるようにアルカリ剤(アンモニアが便利)を少量入れます。

   
そして、水温も高くします。


⑤つけこみをしていて、移染が取れたら、すすいで終わりです。

つけこみ時間は、移染の程度によるので、目安は書きにくいですが、低い温度で
すればするほど、アルカリの量が少なければ少ないほど、時間はかかります。

ピンキーでの移染処理をする前に、移染の状況を確認してから行って下さい。

移染部分が少ない場合は、シミ抜き台で処理できるもの、再洗浄で除去できるもの等、移染状態で適切に選択してください。

地色から止まらない衣類は、ピンキーでの浴中処理でもっと色が流れ出してしまいます。この場合は、フィックスⅡを使用した移染処理方法を行って下さい。


ピンキーの事例集はこちら

 ピンキー
ピンキー ● 色素のシミの除去するシミ抜き剤
● イオン性 カチオン  ● 2kg ¥6,000(定価)
● 特徴:トリオで落ちない色素の除去に。浴中での色素除去にも
      使用できます。アセテート・トリアセテート使用不可
● 使用方法:原液をシミ部分にかけ、蒸気等で蒸します。


お気軽にお問い合わせ下さい ご購入はこちら


シミ抜きならDCCへ


ご注文、お問い合わせは、TEL/FAXまたは、メールにて受付しております
松井化学

TEL 06(6438)7305/FAX 06(6438)4795
松井化学までご連絡ください


サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ シミ抜きトップへ
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]
Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved