クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ
クリーニング屋さんのためのこだわり劇場

 HOMEシミ抜きこだわり劇場 > シミの分類方法 サイトマップ
こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門
シミの分類方法

シミ抜き(染み抜き)で、シミの種類別や性質で処理方法を考える方が多いですが、これは基本的によくありません。この様に考えることが、シミ抜きを複雑にしてしまったからです。


【シミの種類別での分類方法】


シミの種類別の処理方法では、シミの数だけシミ抜き方法ができてしまい、シミ抜き方法が多くなると複雑になってしまいます。同じ種類のシミでも、シミ抜き方法が違う場合も数多くあるからです。

例えば、しょう油のシミ一つでも、ついたばかりのしょう油のシミと時間がたって酸化してしまったしょう油のシミでは、除去方法が異なります。そもそも、クリーニング工場では何のシミかの見分けは極めて難しい・・・・

シミを種類別に考えると、シミ抜きを複雑にしてしまい基本的によくありません!

シミ抜きの分類


【シミの種類を性質で分類する方法


シミの種類をその性質で分類する方法は、
①油溶性のシミ ②水溶性のシミ ③不溶性のシミ と分類します。

この分類方法も、クリーニングの現場でのシミ抜きから考えると非現実的です。
シミの性質
例えば、食べこぼしのシミのように、油溶性のシミと水溶性のシミの2つ混じったものが多くありますし、シミ抜き剤をこの3つの視点で構成すると、処理しきれないので、例外のものが多くなってしまいます。
この説明だと・・・工場のパートさんが、シミ抜きの処理の時に悩んでしまいます。

上記の分類方法での一般的なシミ抜き剤のメーカーの分け方は、次のようになっている場合が多いです。

①油溶性のシミ ②水溶性のシミ ③油溶性(特殊・強力)のシミ ④タンニン系のシミ ⑤タンパク質のシミ ⑥染料・色素のシミ ⑦黄変系のシミ ⑧その他(サビトリ)

これでは、薬剤の分け方が多いので、クリーニング工場で使うには、数が多すぎます(ムダが多い)

シミ抜き薬剤

実際に、この種類のシミ抜き剤を工場で導入すると、パートさんが、次にどのシミ抜き剤をつかおうかと悩んでしまい、シミ抜きをする時間の大部分を、悩んだり、やらなくてもいい処理をしてしまいます。すると、シミ抜きのスピード処理ができなくなり、結果シミ抜きをしなくなります。
スピードシミ抜き 落ちませんカード



【シミ抜き剤の数を少なくまとめる方法

油性・水性・色素のシミを1つのシミ抜き剤にまとめることで、シミ抜きの選ぶムダがなくなり、判断基準が分かりやすくパートさんでも使いこなせることができます。また、このシミ抜き剤は、タンニン系(植物のシミ)も除去できるので、後は、古くなって酸化した黄変のシミ(黄ばみ)を除去する漂白剤があれば、ほとんどのシミをカバーできます。

しかし、多くのクリーニング店(会社)は、この2つのシミ抜き剤で取れるシミを完全に除去していません。 本当は、取れるのに、「取れません」としている場合が多いです。その割りにたくさんの種類のシミ抜き剤を工場の中においているのが現状です。

これは、シミ抜き剤を使いこなせていないのが、1つの理由です。 2種類のシミ抜き剤で、ほとんどのシミが取れるのですから、

この2つに徹底的にこだわると、それだけで差別化できてしまいます。

万能シミ抜き剤トリオ

シミ抜きならDCCへ



ご注文、お問い合わせは、TEL/FAXまたは、メールにて受付しております
松井化学
TEL 06(6438)7305/FAX 06(6438)4795
松井化学までご連絡ください


サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ シミ抜きトップへ
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]
Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved