クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ
クリーニング屋さんのためのこだわり劇場

 HOMEシミ抜きこだわり劇場 > 色素のシミ抜き剤 ピンキーの使い分け サイトマップ
こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門
 色素のシミ抜き剤 ピンキーの使い分け


色素系のシミがあると・・・すぐにピンキーとなってしまう方が多いようですが・・・・・

確かに間違いではありませんが、そういう方に限って、シミ抜き剤を使いこなせない方が多く、失敗が多いのです。
色素のシミ抜き


ピンキーは、色素がよく取れますので地色も取れてしまう可能性があります。
決してバンバン使うのではなく、トリオをして、それでも取れない時に、ピンキーとなります。
*シミ抜きの上級者の方は、いきなりピンキーでも構いません。
*キチンと見分ける力があり、イザと言う時は自分で色修正もできる方でないとおすすめできません。


トリオは、色素のシミにも対応しているので、結構トリオで取れます

色素系のシミだなぁ~と思ったら、トリオをまず付け、蒸気で加熱し、水で濯いで、少しでも薄くなっているなら、もう一度、トリオを付け、蒸気で加熱します。
シミ抜き剤トリオ

この時は、一回目やった時に目安をつけ、グッと熱をかけるとかいろいろ調整します。
これで取れない時に、初めてピンキーとなります。



 ビーカーでの使用方法




ビーカーでの使用方法は、非常にキツイ処理方法です。

色素系の処理の最終兵器的に使う方法なので気軽にする方法ではありません。
ピンキーのビーカー処理

この処理方法は、非常に強力なので、染色状態や生地の状態など、十分に注意して行ってください。
アセテート・トリアセテートに加え、アクリルは使用不可。

ビーカー処理方法 ビーカー処理方法
① 上記のビーカー3点セット用意します
(松井化学さんで販売しています)
② 金網の四隅を少し折り曲げます。
(金網の下がこげるのを防ぐため)

ビーカー処理方法 ビーカー処理方法
③ ピンキーを原液のままシミの部分が
つかる程度の量をビーカーに入れます
④ シミの部分をピンキーにつけて電源を
入れ、加熱し数分~30分程度つけます

ビーカー処理方法

アセテート・トリアセテート、アクリル、染色の弱い衣類には使用できません。また、ウレタン樹脂コーティングなどの衣類も溶解します。
色素を動かす薬品なので染色が弱い衣類には、テストしてから使用して下さい。


④ 取れれば、水ですすいで完了 ボールペン爆発処理のこだわり劇場はこちら


ピンキーの事例集はこちら

 ピンキー
シミ抜き剤 ピンキー ● 色素のシミの除去するシミ抜き剤
● イオン性 カチオン  ● 2kg ¥6,000(定価)
● 特徴:トリオで落ちない色素の除去に。浴中での色素除去にも
      使用できます。アセテート・トリアセテート使用不可
● 使用方法:原液をシミ部分にかけ、蒸気等で蒸します。


お気軽にお問い合わせ下さい ご購入はこちら

シミ抜きならDCCへ


ご注文、お問い合わせは、TEL/FAXまたは、メールにて受付しております
松井化学
TEL 06(6438)7305/FAX 06(6438)4795
松井化学までご連絡ください


サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ シミ抜きトップへ
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]
Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved