クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ
クリーニング屋さんのためのこだわり劇場

 HOMEシミ抜きこだわり劇場 > K-1について サイトマップ
こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門
 K-1について


K-1は、油性の最強の溶解性能を示します。溶解力の強さだけでなく薬剤の組み合わせのシミ抜き薬剤なので、アセテートやトリアセテートにも使用できます。

『K-1』は、油性、水性、色素のシミ、酸化した油、樹脂、マジックなどのシミに幅広く使え、MEK(メチル・エチル・ケトン)などより、油脂や樹脂を動かし、さらに乾性油も除去できる、非常に優れたシミ抜き薬剤です。
 K-1については、こちらをご覧下さい


 K-1とトリオの違い


衣類についている油のほとんどは、不飽和脂肪酸を含んでいるモノが多いので酸化され、非常に取れにくくなります。

今までは、油性のシミ抜きで油分を除去し、漂白処理を行っていましたがK-1は、これだけで、酸化した油を除去します。

もちろん、その後の漂白処理も必要ですが、漂白処理でスムーズにシミが除去できるのが、トリオと比べて利点です。
また、前シミ抜きをする場合は、ドライ溶剤でもすすげるので、シミ抜き後、乾燥工程を飛ばせるメリットも大きいですね。

K-1は、トリオに比べ、シツコイ油性や樹脂系のシミを強力に除去します。
また、樹脂系のシミを強力に溶解しますので、インクのシミ(樹脂+色素)なども、トリオより優れています。

基本的には、K-1があれば、トリオはいらないですが、色素(ボールペン以外の色素)のシミには、イオン結合を取り外すトリオの方が優れています。
(ピンキーがあれば問題ありません)

ただ、K-1は、樹脂系のシミを溶解させますので、樹脂加工の施した衣類や捺染プリント(顔料系)の衣類には、使用できませんので、機械的にK-1から始めると事故が発生する確率が高くなりますので注意が必要です。
顔料染めの衣類の脱色

この見極めが出来ない場合は、トリオのから始め、状況によりK-1を使用するほうが無難かも知れません。もちろん、トリオでも溶解する衣類もありますが・・・

いずれにせよ、自社のシステムにあった使用方法を検討して下さい。


 K-1について

● 油性・水性・色素のシミも除去できる強力油性シミ抜き剤
● イオン性 アニオン ● 1kg \ 6,000(定価)

● 特徴:特に、酸化した油、硬化油に有効。ガム、樹脂、マジックにも効果的
      全ての素材に使用化(ウレタン等の人工皮革には使用できません)

● 使用方法: 原液をシミ部分にかけ、水、溶剤ですすぐ
 K-1について詳しくはこちら 松井化学へ

シミ抜きならDCCへ

ご注文、お問い合わせは、TEL/FAXまたは、メールにて受付しております
松井化学
TEL 06(6438)7305/FAX 06(6438)4795
松井化学までご連絡ください


サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ シミ抜きトップへ
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]
Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved