クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ
クリーニング屋さんのためのこだわり劇場

 HOMEシミ抜きこだわり劇場 > トリオ処理 サイトマップ
こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門
 トリオ処理


シミ抜き台でシミを処理する時は・・・

シミがあれば、何も考えず、まずトリオを使えばいいのですから・・・ これで、ほとんど取れます。
ただ、酸化した古いシミ(黄変)は取れませんから、黄変のシミが残れば、酸素系の漂白をします。
次の工程は、「漂白のシミ」もしくは「しつこい色素のシミ」のいずれかです。

これだけです!これだけを、徹底することが基本です。


 トリオについて

水性・油性・色素のシミを、同時に処理する万能シミ抜き剤

イオン性:カチオン
価格:1kg¥6,000(定価)

基本的に全ての繊維に使用可能(アセテート・トリアセテートにも使用化)
浸透性が強く、すすぎが早く、よくある油性・水性の同時処理のシミ抜き剤のように分離しません。
 お気軽にお問い合わせ下さい 松井化学へ


【トリオの使用方法】


トリオを少量シミ部分にぬり、ヘラ等で
よくほぐします
どちらかというと、シミ抜きの上級者ほど、キチンと薬剤をなじませます。逆にシミ抜きがあまり上手じゃない方が、この工程をおろそかにしていますね。

ソノフラッシュ等を使って水ですすぎます
繊維によりスレなどが発生しやすい場合があります

乾かして終了です。
繊維によりエアーなどで目開きが発生することがあります


落ちにくい色素のシミはスチームで加熱し、
水ですすぎます。



シミ抜きの道具は、衣類に合わせて適切に使用してください。

トリオは、基本的にどんな繊維でも使えますが、水にぬらしただけで色がでる、ドライクリーニングしたら色がでるというような特殊な染色にだけは、対応できません。

捺染(糊剤で生地に印刷する染色方法)の衣類で、まれに脱色をおこす場合があります。

シミ抜きならDCCへ


ご注文、お問い合わせは、TEL/FAXまたは、メールにて受付しております
松井化学
TEL 06(6438)7305/FAX 06(6438)4795
松井化学までご連絡ください


サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ シミ抜きトップへ
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]
Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved