クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ
クリーニング屋さんのためのこだわり劇場

 HOMEシミ抜きこだわり劇場 > シミ抜きの手順 サイトマップ
こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門
シミ抜きの手順

シミ抜きで一番大切なことは、「作業手順」と「判断基準」です。
これを頭にいれておかないとスピード処理はできません。

「何々のシミがついたから、何々のシミ抜き剤を使用する」と言うことはしません。
シミがあれば、まずトリオ(またはK-1)です。「これは水溶性のシミ?」「油性のシミ?」と考えずにシミがあればトリオを使用します。
シミ抜きの判断

「これは、何のシミ?」「どのシミ抜き剤を使おうかな?」なんて考えることは、時間の無駄です。何も考えません。まず、トリオ(K-1)です。

そして、それで取れればOK!。取れなければ次の工程に進みます。
シミ抜きの手順は、それだけです。

シミ抜きの手順


① シミがあれば、トリオ(K-1)処理をし、シミが残っていたら「判断」に進みます。

*注: トリオ処理は、キチンとシミになじませるのが基本です

② 残ったシミが変色だったら、シミナックス(アンモニア)で漂白処理を行ないます。

③ 残ったシミが色素だったら、まずトリオで加熱します。
   それで落ちない場合は、ピンキー処理を行ないます。


トリオ(K-1)、ピンキー、漂白処理(シミナックス、アンモニア)を徹底的に使えば、ほとんどのシミは取れます。シミ抜きで預かった衣類を、これらのシミ抜き剤で徹底的にシミ抜きすればいいだけです。
だったこれだけのことを徹底するかしないかでモノスゴク大きな差がついてしまいます。


【シミ抜きチャート】

シミ抜きチャート表

シミ抜きならDCCへ


ご注文、お問い合わせは、TEL/FAXまたは、メールにて受付しております
松井化学
TEL 06(6438)7305/FAX 06(6438)4795
松井化学までご連絡ください


サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ シミ抜きトップへ
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]
Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved