クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ
クリーニング屋さんのためのこだわり劇場

 HOMEシミ抜きこだわり劇場 > シミ抜き道具の注意点 サイトマップ
こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

 シミ抜きによる事故


シミ抜きで事故が発生するのは、漂白処理による脱色が心配とよく聞きますが、実際に事故原因を検証すると、シミ抜き道具の使用方法に問題がある場合が多いです。

シミ抜き道具の不適切な使用方法による、スレやキズ、白けなどは、基本的に完全には修復できません。

ここでは、実際にクリーニング工場で起こった不適切なシミ抜き道具による事故事例と注意点まとめてみました。


ソノフラッシュ(超音波)の使用方法と注意点

ソノフラッシュの使用方法に問題があり、スレやキズをつくることは、大変多いです。
処理をする生地により、使用方法の加減をすることがとても大切です。

① 水量は、タップリと出す

水量が少ないと摩擦熱が大きくなり、スレが発生しやすくなる。


②  紙一枚浮かすイメージで使用します

生地に直接当てないと効果は、ありません。

生地により、強弱をつけて使用する。


③ 生地に対して垂直に使用する

垂直で使用しないと キズの原因になります



④ 強く押し当てたり、一ヶ所にとどまるとキズやスレの原因になります



⑤ 薄手や細い生地は、注意しないとキズやスレが発生します

スレなどが起こりやすいものはタオルを引いて使用します

タオルがクッションの役目をし、キズがつきにくくなります



電磁ガン使用時の注意点


① 絞りすぎて、生地を傷つけないこと

電磁ガンは、自然にだんだん絞られてくる場合があるので、時々チェックします

初めて使用する時は、試し打ちをしてください



② 衣類により、噴霧の絞りを調整します。



エアー使用時の注意点


① スチームガン(エアー)の近づきすぎるとキズや目開きの原因になります。

薄手の生地には、特に注意
エアー圧は、2.5kg/cがお勧めです。



薄手の生地は、タオルを生地の上に引きエアーで乾燥するとキズや目開きになりにくくなります




ヘラ、ブラシ使用時の注意点


ヘラは擦る道具ではありません。
シミ抜き剤を繊維に浸透させる道具です。

ブラシを強く叩いたり、横に擦ったりすると
キズや白けの原因になります
ブラシで擦るとAの部分が損傷する

しかし、Bの部分には力が加わらず取れない

でも、Bが取れないからもっと擦る

結果、キズや白けになる。


漂白時の注意点


漂白時は、温度に注意して下さい

特に、サ●京都製のスチームガンは、温度が高いので脱色などに注意して下さい

漂白時は、シミから目を離さないこと!
漂白して 取れてきた・・ あっ! はげた!



ご注文、お問い合わせは、TEL/FAXまたは、メールにて受付しております
松井化学

TEL 06(6438)7305/FAX 06(6438)4795

松井化学までご連絡ください


サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ シミ抜きトップへ
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]
Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved