クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ
クリーニング付加価値メニューこだわり劇場

 付加価値メニュー > 防虫加工  > 使用溶剤を選ぶ > 石油・使用方法で選ぶ > バッチ洗浄で加工する サイトマップ

こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門
 バッチ洗浄で加工する防虫剤を選ぶ


バッチ洗浄での防虫加工は・・・・・・

MC−モスコンク
を使用します!

MC−モスコンクは、石油でもパークでも使用できる、ドラム添加(バッチ処理)やスプレー機で加工する防虫・防ダニ加工剤です。
ドライ機を使用して、バッチ加工するので、大きな手間がかかりません。

イオン性:カチオン 価格:4s \60,000(定価)/1g \16,000(定価)

コスト: 一着あたり約20円(溶剤50gで20着加工した場合)


 使用方法


@ ドラムに溶剤をくみ上げ溶剤量に対して「MC−モスコンク」を
  
0.05%添加します。

(例 溶剤50gに対し、MC−モスコンクを25cc添加)

自動投入機又は、手で添加して下さい。

*手で添加する場合は、MC−モスコンクがベースに落ちないように投入して下さい
*機種によりドラムの排出弁が閉まらない機種もあります
  (衣類に直接付着しても問題ありません)



A バッチにて3分程度まわし、脱液して終了です。

バッチでの加工は、最後の洗浄工程で行ってください。

*加工後にすすぎ等を行うと防虫剤が流れてしまいます。


防虫加工のよくある失敗

松井化学さんの防虫剤は、濃度や加工方法などを適切に行うと効果はすごくありますが、実際にクリーニング工場では、下記のような事が良く起こります。

当たり前ですが、適切に加工しないと防虫効果はありませんし、皆様方のお店の信頼を裏切る事になりますので、くれぐれも濃度や加工方法、使用方法などを確実に実行できるようにマネージメントして下さい。



●使用濃度を間違えて使用

規定の使用濃度は必ず、守って下さい!

また、クリーニング工場では濃度を間違って覚えたり、Aさんは、分かっていてもBさんは、分かっていなかったりという事がよくあります。
例えば、使用方法のPOPなどを工場に貼り、誰もが理解できるようにする事がが大切です。


●防虫加工をやらずに出荷

特に繁忙期、どれを加工後の衣類か加工前の衣類か分からなくなることがあります。悩んだ場合は、再度加工をやり直して下さい。



●防虫加工後に再洗浄してそのまま出荷

防虫加工後、汚れやシミ、輪ジミなどを発見し、再度洗浄する事はよくあります。洗浄すると付着している防虫加工剤は、全て脱落します。
必ず、再洗浄した衣類は、再度加工して下さい。



●防虫加工の衣類は、洗浄前にシッカリ前点検を!

特に防虫加工の衣類は、前点検を強化してください。
お預かりする以前に虫害が発生している場合がありますので注意が必要です。


ご注文、お問い合わせは、TEL/FAXまたは、メールにて受付しております
松井化学
TEL 06(6438)7305/FAX 06(6438)4795
松井化学までご連絡ください



サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ クリーニング付加価値メニュー
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]

Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved