クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ
クリーニング付加価値メニューこだわり劇場

 付加価値メニュー > 防虫加工  > 使用溶剤を選ぶ > 石油・使用方法で選ぶ > ベースタンクに添加する サイトマップ

こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門
 ベースタンクに添加する防虫剤を選ぶ

ドライ機のベースタンクに添加するタイプの防虫剤です。洗浄するだけで全品防虫加工ができます。
*投入はドラムから添加します

ベースタンクに添加する防虫剤は・・・・・

「MC−モス原体」を使用します。


「MC−モス原体」は石油系ドライ機に投入し、循環するだけで防虫加工ができます。
ドライソープのイオン性に合わせてアニオン用、カチオン用をお選び下さい。

価格: 1kg \20,000  コスト:一着あたり、約1,3円程度です。


 使用方法



ドライ機の全溶剤量に対して「MC−モス原体」を0.03%(100gに対して30cc)加えます。
投入は、ドラムに溶剤を汲み上げてから投入して下さい。


10分以上循環し、液が濁らなければOKです。


●蒸留などの新液追加時

蒸留分の新液や溶剤を投入する場合は、必ず投入量の0.03%の「MC−モス原体」を必ず、ドラムから入れ、10分程度循環します。

【例】石油缶18g1缶で6cc


*防虫剤が規定濃度以下になると防虫効果がなくなる場合があります。


●フィルター交換時


「モス原体」は、フィルターに引かからないので、新液追加時に追加量の0.03%投入します。



防虫加工のよくある失敗

松井化学さんの防虫剤は、濃度や加工方法などを適切に行うと効果はすごくありますが、実際にクリーニング工場では、下記のような事が良く起こります。

当たり前ですが、適切に加工しないと防虫効果はありませんし、皆様方のお店の信頼を裏切る事になりますので、くれぐれも濃度や加工方法、使用方法などを確実に実行できるようにマネージメントして下さい。



●使用濃度を間違えて使用

規定の使用濃度は必ず、守って下さい!

また、クリーニング工場では濃度を間違って覚えたり、Aさんは、分かっていてもBさんは、分かっていなかったりという事がよくあります。
例えば、使用方法のPOPなどを工場に貼り、誰もが理解できるようにする事がが大切です。



●蒸留や新液追加時の防虫剤の入れ忘れ

蒸留分や新液追加時、フィルター交換時など行った場合に防虫剤を入れ忘れる事がよくありますので、十分注意して下さい。
この場合もAさんは、分かっていてもBさんは、分かっていなかったりという事がよくあります。



●防虫加工後に再洗浄してそのまま出荷

防虫加工後、汚れやシミ、輪ジミなどを発見し、再度洗浄する事はよくあります。洗浄すると付着している防虫加工剤は、全て脱落します。
必ず、再洗浄した衣類は、再度加工して下さい。



●防虫加工の衣類は、洗浄前にシッカリ前点検を!

特に防虫加工の衣類は、前点検を強化してください。
お預かりする以前に虫害が発生している場合がありますので注意が必要です。


ご注文、お問い合わせは、TEL/FAXまたは、メールにて受付しております
松井化学
TEL 06(6438)7305/FAX 06(6438)4795
松井化学までご連絡ください



サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ クリーニング付加価値メニュー
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]

Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved