クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ
クリーニング屋さんのためのこだわり劇場

 HOME > 色修正 >色修正講座 サイトマップ

こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門



色修正マスターキット
 初心者のための色修正講座


リーニングの現場で一番大切なことは、色修正をするケースにならないように工夫することです。
実際には、衣類にはどのような染色が施されているか分かりません。細心の注意をしたにもかかわらず色がハゲたり、変色してしまう時があります。もう少しでシミが取れるのだけど、地色が弱そう(ハゲそう)な時、色修正の技術がないと思い切ったとこができません。
詳しくはこちら


色修正で必要なものを紹介します。
まずは、染料。おすすめは、松井化学さんの色かけ50色セットです。
筆は先がとんがっているものや皿、ドライヤーなどは必要です。


詳しくはこちら


色修正(色かけ)は、基本的には三原色の赤・青・黄の3色と、黒の合計4色を基本とします。
この色相環図は、とても大切です。覚えなくてもいいですが、例えば、染料のケースの裏に貼り付けたりして、色修正をする時は、サッと確認できるようにしておくことが大切です。
詳しくはこちら


シミ抜き処理で色が壊れる時は、三原色の色が全て壊れる時と三原色の色の一部が壊れる時があります。
三原色の色が全て壊れれば、衣類の地色と同じ色をかければ元に戻りますが、三原色の1部が壊れる場合は、壊れた色を修正します。

詳しくはこちら


色を選ぶ場合は必ず、色かけ50色セットの付属の色見本と衣類の地色を見比べて、色を選びます。
実際に色を作った段階で、染料と衣類の地色の色合いが合っているかを確認してから色修正を行います。
詳しくはこちら


実際に色修正を行うと、さまざまな色修正のパターンがあります。
地色が全て脱色しているパターンや一部の色だけが脱色しているパターンなどさまざまな色修正のパターンを分かりやすく解説しています。

詳しくはこちら


色かけ50色セットの登場で、以前にくらべ色合わせは簡単になりました。
しかし、色修正の初心者の方からは、「色が合わない」とよく質問されますが・・・よくよく話を聞くと、基本的に塗り方が悪い場合が多いです。
ベタッと塗れば、色が合うものも合いません。


詳しくはこちら


広範囲の色修正の場合は、色かけ50セット付属のスプレーか、ハケ(刷毛)を用意して、それで色かけしてゆきます。

それぞれのよさもありますので・・好きな方を選んで下さい
詳しくはこちら


筆は、染料が含んでも流れやすい性質に対し、綿棒は、含んだ染料が流れにくい性質を持っています。
綿棒は、毛細管現象で下にタレにくく、筆ムラになりやすい光沢のある繊維(起毛繊維、シルク、極細繊維など)は、綿棒で色修正する方が、上手く色修正ができることが多いです。
詳しくはこちら


実践!色修正の事例集です!

色修正事例(その1
色修正事例(その2)
色修正事例(その3)
色修正事例(その4)


色修正をしていく内に、色修正が上手くできた場合や上手くできなかった時もあるでしょうが、あきらめずにコツコツと挑戦してください。

そうすれば、あなたは短期間で色修正を完全にマスターすることでしょう!
詳しくはこちら


 お知らせ



*色修正マスターキットのご購入は、DCCへお申し込みください

DCCでは、会員様限定で色修正の入り口でつまづいている方を無料でサポートしています。

いくら気をつけても、染色が弱く、色がハゲてしまうことはシミ抜きをする以上、避けて通れないからです。実際に色修正を始めたが、上手くいかない・・・・・シミ抜きで地色を剥がして、色修正ができなくて困っている方をDCCでは、会員様をサポートします

色・革・事故修正方法はDCCへ


サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ 色修正
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]

Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved