クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ
クリーニング屋さんのためのこだわり劇場

 HOME > 色修正 >色修正講座 > 綿棒での色修正 サイトマップ

こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門


色修正マスターキット
 綿棒での色修正


綿棒での色修正は、筆比べ非常に簡単に、スピーディに色修正ができます。

筆は、染料が含んでも流れやすい性質に対し、綿棒は、含んだ染料が流れにくい性質を持っています。

綿棒は、毛細管現象で下にタレにくく、筆ムラになりやすい光沢のある繊維(起毛繊維、シルク、極細繊維など)は、綿棒で色修正する方が、上手く色修正ができることが多いです。


 
【綿棒の性質】

筆は流れる性質 綿棒は吸い込む性質


 【綿棒での塗り方】


綿棒で色修正する場合は、シミ抜き台でバキュームを引いて色修正をすると上手くできます。

筆で色修正すると・・・・ムラムラに! 綿棒は、触れた部分のみ色がつきます。

ムラムラになりやすい極細繊維や起毛繊維の修正に有効です!

衣類や脱色状態により、筆と使い分けをして使用して下さい。

綿棒は、先の尖った化粧用の、綿棒が使いやすいです。(100円ショップで販売しています)


綿棒は、筆に比べて数倍のスピードで色修正ができ、非常にムラになりにくいのが特徴です!



色・革・事故修正方法はDCCへ

サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ 色修正
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]

Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved