クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ
クリーニング屋さんのためのこだわり劇場

 HOME > 色修正 >色修正講座 > 筆の塗り方 サイトマップ

こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門


色修正マスターキット
 筆の塗り方


色かけ50色セットの登場で、以前にくらべ色合わせは簡単になりました。
しかし、色修正の初心者の方からは、「色が合わない」とよく質問されます。

よくよく話を聞くと、基本的に塗り方が悪い場合が多いです。

ベタッと塗れば、色が合うものも合いません



  必ず、毛先がとがった筆を使用すること。


@ 筆は先が整えるように良く拭いて、色がにじまないように塗ります

「つけすぎかな?」と思うくらいでちょうど良いです。充分にふき取ってから、作業に入ります。

筆にタップリ含ませ、白い布で筆をふき取りながら、色をチェック!


始めのうちは、筆にタップリ染料を含ませ、シッカリふき取ることを基本にして下さい。
筆をふき取り、色をチェックしてOkなら色かけスタート!

A 筆の先を使って塗っていきます。


 筆はサッサッと動かすこと。


 筆を持つ手がぶれないように固定して、筆をサッサツと素早く動かします。

  
  色を塗る時も、ゆっくりゆっくり塗るとダメです。
色がにじんでしまうからです。

  手早くサッサッと筆先を動かします。この時、筆先がベタっとなってはいけません。




色修正での失敗は、ほとんどが塗りすぎによるものです。

色修正が慣れていない間は、たいてい色をかけすぎるので、少し薄めに色修正するのがポイント。


● 筆の塗り方の練習方法

@ 鉛筆やボールペンを重ならないように縦線を書いていきます。



A 線が重なる部分が多いと、色修正時には、ムラになる場合が多いので重ならないように
    縦線が書けるように練習をしましょう!




● 中央から端へと色をかけるのが基本です。

真ん中から
広げるように塗ります
適当に薄い所を再度
修正して
隅をぼかして完成

● 小さい範囲の色修正は・・・・

非常に小さい範囲の色修正の場合は、筆の先でチョンチョッンと刺すように塗ります。

実際に色をかけた時も、一度に塗るのではなく、一部だけ少し薄めに掛けてその色が本当に正しいのかドライヤーで乾かしてチェックして下さい。

色が合っていても、塗り方が悪ければムラムラになり、上手く色修正ができません!



色修正をする時は、その部分にシミが残っていると、いい色修正ができません。
シミを完全に取り除いてから、色修正を行います。

また、シワくちゃだと、色修正がやりにくいので、プレスしてから色修正をして下さい。



色・革・事故修正方法はDCCへ

サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ 色修正
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]

Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved