クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ
クリーニング屋さんのためのこだわり劇場

 HOME > 色修正 >色修正講座 >色の3原色 サイトマップ

こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門

色修正マスターキット
 色の3原色


全ての色は、三原色(赤、青、黄)と黒からできています。
カラープリンターも三原色から(マゼンタ
、シアン、イエロー)とブラック■からたくさんの色を作っています

色の三原色は の三色

この色の三原色と黒をまぜていろんな色を作っていきます
色の3原色 色の3原色
色の3原色 赤、青、黄色の三色と明暗をつける黒であらゆる修正ができるようになります。



 色の補色(反対色)

三原色を円状に配置した「色相環」といいます。




オレンジ

紫、緑、オレンジを中間に配置しています。

三色合わせると、黒に近い グレー
になり、真ん中に配置しています。
色の補色

この図はとても大切です。

色見本の裏やシミ抜き台などに貼り付けたりして、色修正する時に確認できるようにしておくことが大切です。

この色相環の反対の色を「補色(反対色)」といいます。

これは、打ち消しあう色で、均等に混じると、黒に近い グレーになります。

色の補色
色の補色
色の補色

補色を少しだけ混ぜると色がくすみます。
衣類によりますがくすませる場合は、黒を少し足すか、補色(反対色)をもっていけば、色がくすみます。



の補色 

の補色 

の補色 
色の補色

ちなみに茶色は、を混ぜてオレンジを作り、そこにほんのちょっとを入れると色がくすんで茶色になります。(入れすぎるとダメです)

  



 色の特徴


人間の目で一番認識されにくい色。修正の時にごまかしやすい。

青と緑の境目を認識しにくい

かなり薄くなっても黄色とはっきり認識できる

黒色のかすかな違いも認識しやすい。
だから、色修正時には、一番難しい色となる。


本当の真っ黒の染料はないです。
青味がかっているか、赤味かかっているかのどちらか・・・・

黒の色修正 黒の色修正
色修正時は、真っ黒が非常に難しい色でしたが・・・・・・・

今までだと、黒を重ねていくと… 変に赤っぽくなったりするのでが、今度は、そうならない方法が見つかりました



かつてシミ抜き教室で習ったモノと、今では、まった次元が違って来ています。
サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ 色修正
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]

Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved