クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ
クリーニング屋さんのためのこだわり劇場

 HOME > 色修正 >色修正講座 > どうしても上手くいかない時は・・・・ サイトマップ

こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門

色修正マスターキット
 どうしても、上手く行かない場合は・・・・



★ ムラムラに塗っていませんか?

色が合わない場合に多いのは、色が違う場合より、筆の使い方がムラムラに塗っている場合が多いです。

色が合っていても、ムラムラに塗ると色修正は、上手くいきません!

筆の塗り方を練習しましょう!


筆の塗り方はこちら


★ スレができていませんか?


衣類は生き物ではないので、キズは治りません。

シミ抜き時に、特に柔らかい生地には、キズをつけないよう気をつけてください。
キズと色ハゲを、同時に起こしている場合は、色修正後、色素回復剤でスレ直しをします。



 地色と違う色になっていませんか?

脱色部分が、地色と違う色になっている場合は、地色と同じ色をかけても色が合いません。 赤っぽい時は、地色と同じ色に青(bP7〜bQ0)の染料を、青っぽい時は、赤(bU〜bP0)を半分〜1/3混ぜて色修正を行います。

詳しくはこちら


 色修正でよりヒドクヒドクなる場合

色かけをしていて、よりひどくなる場合は、すぐ中止してください
100%成功しなくても、ひどくなるのでなく、目立たなくなる方向にならないとダメです


基本的に色修正は、状況をチェックしながら行います。
色修正時にヒドクなったと感じたら、すぐに修正を中止して、色目を変えたり、くすませたり・・・・あるいは、色をトリオなどで取り除き、最初から修正を行います。

色修正を軌道修正(中止する)するタイミングが大切です。

特に初心者の場合は、この軌道修正(中止)するタイミングに気付くのが遅く、色が濃くなりすぎて、色をはがさなければならない状態が多いです。
こうなると、色修正に時間をかけてから、その色をはがすので心理的にイヤになってしまします。


一方、上級者は、軌道修正(中止)するタイミングに気付くのが早いので、その時点で色目を変えて調整しますので、修正がスムーズに行きます。
また、色を取らなければならない状態でも気付くのが早いので、そんなに苦にはなりません。

基本的に色修正は、状況をチェックしながら行い、「ちょっと違う」と感じたらすぐに
軌道修正することが大切です。




 色修正は、それほど難しいものではありません

しかし、クリーニング業界では、必要以上に難しくとらえている傾向にありますが、実際にやってみると案外簡単にできます。色かけ50色セットの登場で一段と色修正が身近になりました。

現実、シミ抜きを経験していないパートさんや事務員さんもできていました。

色修正は、ある手順に従えば、誰でもある一定レベルなら
色修正ができるようになります。


色修正をしていく内に、色修正が上手くできた場合や上手くできなかった時もあると思いますが
あきらめずにコツコツと挑戦してください。

そうすれば、あなたは短期間で色修正を完全にマスターすることでしょう!




 お知らせ


DCCでは、会員様限定で色修正の入り口でつまづいている方を無料でサポートしています。


いくら気をつけても、染色が弱く、色がハゲてしまうことはシミ抜きをする以上、避けて通れないからです。実際に色修正を始めたが、上手くいかない・・・・・シミ抜きで地色を剥がして、色修正ができなくて困っている方をDCCでは、会員様をサポートします

色・革・事故修正方法はDCCへ


サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ 色修正
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]

Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved