クリーニングこだわり劇場
クリーニング店の応援サイト 洗剤・シミ抜き剤・薬剤などクリーニングのことなら松井化学へ
松井化学へ
ドライクリーニング

 HOME > ドライクリーニング > MC-ドライキッチャー > ドライキッチャーの使用方法 サイトマップ

こだわり劇場トップへ
こだわり劇場目次

ドライクリーニング

ウエットクリーニング

ランドリークリーニング

シミ抜き

事故修正

色修正 

特殊加工/付加価値

松井化学の使用事例集

松井化学さんの商品案内

製品MAP

ドライ関連

ウエット関連

シミ抜き関連

修正・特殊品関連

松井化学さんのご注文
ダントツクリーニングクラブ

リンク集

クリーニング資材

洗濯・染み抜き・クリーニングの情報サイト

しみ抜きクリーニングナビ

クリーニング店おすすめドットコム

クリーニング黄門

 MC−ドライキッチャーの使用方法


@ MC−ドライキャッチャーを、20W〜50W毎にドライ機の大きさに
   合わせてドラムに投入します。


例】 ワッシャー毎の投入量

ドライ機の大きさ 25W毎の投入量 50W毎の投入量
10s 25cc 50cc
20s 50cc 100cc
22s 60cc 120cc
30s 75cc 150cc



*25ワッシャー毎に、ドライキャッチャーを投入するのがベストですが、30、35、40ワッシャー毎などでも可能です。その場合、ドライキャッチャーの投入量を増やして投入して下さい。

投入量の基準は、20kのドライ機で25ワッシャー毎にドライキャッチャー50ccの投入量が基準です。
ただし、最大50ワッシャー毎の投入が限度です。これ以上ですとフィルター圧が急激に上がる事があります。お勧めは、25ワッシャー毎での投入です。

ドライキャッチャーを一度に大量に投入すると、フィルター圧が急激に上がる場合がありますので投入量は、規定の投入量を守って下さい。



A ドライ機のドラムに直接投入し、バッチ、
  オーバーブローで空運転をして下さい。

ドライ機の扉を開けると、ドラム内のバルブが開くタイプのドライ機の場合は、タオル等にドライキャッチャーを滲みこまして、空運転をして下さい。

ドライキャッチャーは、比重が溶剤よりも重いため、ベースタンクに直接投入すると、ベースタンクの底に溜まる場合がありますので、必ずドラムから挿入し、ドラム内で溶剤と可溶化させてください。



B ドラム内の溶剤排出後、約5分以上循環させます。


*フィルターの持続は、(20%〜50%)ドライソープの投入量、被洗物の汚れ具合、前処理などの使用量で変化します。

ご使用での注意事項

 アニオン系のドライソープには使用できません。

アニオン系のドライソープでは、アニオンの洗浄分とドライキャッチャーが結合し、十分な効果が得られません。



◆ パウダー方式のドライ機の使用の場合

パウダー方式のドライ機に使用すると、機種によりフィルター圧が急激に上がる場合があります。

この場合、ドライキャッチャーを使用はお避け下さい。


また、パウダー方式のドライ機に使用しているパウダーを分析した所、脂肪酸除去に有効な成分も含まれておりますし、蒸留毎にパウダーを除去する機械的構造上、脂肪酸臭や酸価値の問題には、非常に優れています。

数台のパウダー方式の石油機の溶剤を測定しましたが、脂肪酸臭や酸価値は基準値以下でした。

このパウダー方式のドライ機を使用している場合は、ドライキャッチャーを使用する必要は無いと思われます。



◆ 基本的にフィルターを使用しているドライ機のみに有効です。

スピンディスク方式のドライ機の場合は、お問い合わせ下さい。



◆ 使用溶剤は、石油系のみに有効です

その他のドライ溶剤を使用する場合は、お問い合わせ下さい。



◆ フィルター交換について

フィルター交換の目安は、フィルター圧が規定の圧力になると交換して下さい。脂肪酸臭の有無や液色を目安に交換時期を設定するとフィルターの変形や循環ポンプに負担を与える恐れがあります。

フィルター圧が規定の圧力に達しましたら、必ずフィルターを交換して下さい。


また、フィルター交換をしたフィルターに脂肪酸が多数付着します。それだけ脂肪酸除去の性能があるということですね!


ただ、フィルターに含まれている溶剤が気化しにくい事があります。

使用したフィルターを保管時、特に石油系は火気に十分注意して下さい!



◆ ドライキャッチャーの投入は・・・・

ドライキャッチャーを投入する場合は、必ずドラムから挿入し、バッチ又はオーバーブローで溶剤と混ぜてから、ベースタンクに落として下さい。

直接ベースタンクに入れると、ドライキャッチャーがベースタンクの底に沈んでしまい、本来の効果が得られない可能性があります。

必ず、ドラム内で可溶化させてからベースタンクに落として下さい。



MC−ドライキャッチャーのよくある質問


MC−ドライキャッチャー


MC−ドライキャッチャーについて


ご注文、お問い合わせは、TEL/FAXまたは、メールにて受付しております
松井化学

TEL 06(6438)7305/FAX 06(6438)4795

松井化学までご連絡ください

松井化学の製品は、業務用のクリーニング資材です。
クリーニング業種以外での販売は行っておりません。


サイトマップへ クリーニングこだわり劇場トップへ ドライクリーニング
[トップ] [色修正] [シミ抜き] [ドライ洗い] [ウェット洗い] [ランドリー洗い] [クレーム修正] [特殊加工・付加価値] [松井化学さんの案内] [DCCのご案内]

Copyright (C) 2006 クリーニング屋さんのためのこだわり劇場, All rights reserved